天津商業大学 裏千家茶道短期大学




建学精神
  本学は、千 玄室大宗匠を学長に平成6年(1994)9月、裏千家と天津商業大学との合弁により、中国・天津市に設立。大宗匠の提唱される「一碗からピースフルネスを」の理念を国際社会の中で具現化し、日中両国の文化・学術を推進することを建学精神としています。

経緯
  本学の歴史は昭和54年(1979)、千 玄室大宗匠(裏千家茶道短期大学学長)が親善文化使節として訪中され、裏千家の中国との文化交流の礎を築かれたことに始まります。以来、裏千家の中国訪問は実に100回を超え、「青年の船」、文化交流団の派遣、学究者・留学生の招聘受入れなど多岐にわたる文化交流を深めてきました。さらに、千 玄室大宗匠は天津商業大学教授に就任し、茶道講座を担当するなど、中国での茶道の普及に努めてきました。このような実績の積み重ねが、やがて、中国における、茶道を通じた日本文化研究のための大学設置を求める声へと結びつき、裏千家茶道短期大学の設立に至りました。
  設立後は、日本人留学生を対象に「1年留学コース」を設置、さらに平成10年(1998)年より「日中文化学科」を設け、留学生課程を2年間に拡充しました。
  平成16年(2004)には、開学10周年を迎え、記念論文集『日本茶道論』を上梓し、日中両国の研究者から高い評価を受けました。

  この間、本学との提携先は、南開大学や立命館アジア太平洋大学等、多様な進路に応えるため4年制大学への3年生編入を可能とする実績を残してまいりました。
  しかしながら、近年、日中両国を取り巻く環境は大きく変化しており、志願者や入学者などの将来の見通しの確保ができないとの判断に至り、平成25年(2013)、第16期生の卒業を最後に以後の学生募集を停止しています。

  裏千家には、昭和54年(1979)11月、北京の人民大会堂で千 玄室大宗匠がケ 小平副総理と会見され、裏千家と中国の文化交流の礎を築いて以降、約40年の長きにわたる歴史のなかで連綿と受け継がれてきた茶道交流の伝統と実績があります。また、当初の設立理念である中国における茶道を通じた日本文化研究及び茶道を通じた日中友好を担う人材育成事業は天津商業大学を始め北京大学、北京外国語大学、南開大学、天津外国語大学、大連外国語大学、広東外語外貿大学等への運営協力を通じ、中国における茶道文化の啓発と日中文化交流に寄与すること並びに東アジア茶文化シンポジウム、パネルディスカッション‐東アジアの文化と平和‐に引き継がれています。
  さらに、北京、天津、大連、広州に裏千家駐在講師を日本から派遣し、中国における裏千家茶道の布教に努めています。